【第一回】音ズレ~プレイヤー検証WinOS編~

みなさんこんにちは!GOONEYSLab『発見!GOOOONEYS』チャンネルへようこそ!

説明する人

検証内容・検証結果を説明する際に現れる射手座のA型。
GOONEYSLabの営業・広報・総務・経理・人事などを務めるスーパーマルチプレーヤー。
年棒1億8000万gny+出来高。

 

第一回目の検証内容は….
「音ズレ~プレイヤー検証WinOS編~」

 

【検証方法】
同じ内容の映像を、異なる7つのプレーヤーを使って再生します。
再生しているデスクトップ画面の様子を、ビデオカメラで撮影します。
編集した元データと撮影した動画を、カット切替わり時など分かりやすいフレームで並べて、
再生した各プレーヤーの音声波形に、どれ程の差がでるのかを比較しました。

【使用したプレイヤー】
・QuickTime Player
・Windows Media Player
・Media Player Classic
・VLC Media Player
・GOM Player
・RealPlayer
・iTunes

【検証用の動画】
形式:mov コーデック:H.264 FPS:24

【検証内容の詳細】
一番上のオレンジの波形が、編集した元データの音声波形です。
この元データと撮影した動画をカット切り替わりのタイミング(絵合わせ)で並べ、
各プレイヤーの音声波形を確認していきます。
下画像の様に、波形のズレが確認できます。
01

そうするとこのように波形がずれているのが確認できました。
01

上記方法で、各プレーヤーの波形を見比べ、何フレームずれているかを確認していきます。
↓全プレイヤーの波形一覧
02

↓拡大
04

【結果】
プレイヤー フレーム差
QuickTime Player 4f
Windows Media Player 2f
Media Player Classic 3f
VLC Media Player 1f
GOM Player 3f
RealPlayer 3f
iTunes 4f

一番差が少なかったのは、VLC Media Player
一番差が大きかったのは、QuickTime PlayerとiTunesという結果になりました。

【今回の検証まとめ】
lab-guni
動画再生時の音ズレ現象は、
プレーヤーに依存する!なのです!


今回は以上!
次回をおたのしみに!

【検証に使われたスポ根茶番動画】
監督:イワイ
出演:黒澤アウトライナーズのみなさん
音楽:hiro
編集:イワイ
CG:4番と5番

【ぐに子とかデザインした人】
ひーやん